夢を創ろうミニラボ開設中
 アマンダでは、独自の素材、独自の手法で、小径車から五輪代表クラス用のマシンまで、各種のオーダーに応じてきましたが、勇気あるチャレンジャーのために、千葉洋三が使っている作業所を週末に開放。フレームからホイールまで、自作してみようというサイクリストのために「アマンダ ミニラボ」を開いています。素材の相談、設計のアドバイス、溶接・接着技術のイロハを必要に応じて専門スタッフがマンツーマンでお手伝いします。
自分の夢を自分で設計、自分で製作!!


自作作品を2022ハンドメイドショーに出品、
大きな反響を呼びました。
ショー関係は、「アマンダ短信」履歴
の中にまとめました。



>アマンダ短信2022 1125<

千葉師匠自ら調整中。
まさに”師走”、来年のハンドメイド・ショーの企画も立案中、ご期待を!”







>アマンダ短信2022 1023<

*アマンダ 千葉師自ら、依頼のあった木製リムホイールのスポーク振れ取り。
あっという間でした。


*ミニラボでは、おなじみSさんが慎重に3台目の製作調整。なかなかお見事な手作業ですが、本格的なサイクリングはまだ足かけ3年とか。


>アマンダ短信2022 1016<

*ミニラボ秋の陣は12mmアクスルのフォークから。ディスクブレーキの普及に伴って、「スルーアクスル」への関心が高まっていますが、本日のミニラボではたまたま3本の12mmが競作状態。ちなみに。12mmアクスルと称するフロントフォークは、クイックレリースを使用するロード伝統の中空9mmアクスルに対しての新製品です。MTBのような岩山下りのようなハブがフロントエンド部から離脱しないように左右エンド部分がφ12の円筒状に成っていて、アクスルをこの穴を通してねじで固定する機構です。フォーク全体の強度、精密性がアップしますが、クイックリリース機構は見捨てられてます。
*左右12ミリスルーホールの中でストレートタイプの製作は、これが三台目となるSさん。真ん中はクラウンから創り出した完全オリジナルフォークです。ベントタイプは、今回フォークのみを創ることになった方のもので、下玉押しが1.5インチサイズの超強力フォークです。

 

*ダウンチューブ取り外し式 フォールディングフレーム塗装完成しました。


*小柄な450mmサイズのフレームが完成しました。


>アマンダ短信2022 0904<

*ミニラボ盛況。Wさん、Fさんたが来訪、ここがこう、あそこがこうと、
千葉師匠もつい熱が入って。



アニマル戸田氏特注の、タンデム用クラウンを使った超強化フォークが完成(左)


>アマンダ短信2022 0807<

*ベルギー在住の山宮正さんから、「ツールドフランス女子」について、コメントが届きました。日本でも関心を集めたレース、jsportsのHPでもチェックできますが、山宮さんは「つまり、日本の男子選手は、オランダの女子選手に付いて行けないのです」とコメント。詳細全文は下段の「アスリートコーナー」(SRM関連)に。
Cycle*2022 ツール・ド・フランス ファム|サイクルロードレース|J SPORTS【公式】
SRMアスリートコーナーー
https://www.amanda-sports.com/srm/amandasrm.html へのリンク

>アマンダ短信2022 0724<

*ミニラボ通信 自称”山口モモエ"氏、自作フレームがいよいよ最終段階。スチール材組み合わせの微妙な調整に、安堵主任とともに慎重な作業。参加一ヶ月足らずの、高速作業



*アマンダ工房:剛脚・豪腕の”アニマル”ことレジェンド戸田真人の新たな冒険用のフロントフォークを製作。戸田氏自らが見付けてきたチネリのタンデム用フォーククラウンは、おそらくオンロード用としては最強剛性品でしょう。
重量はほぼ1kg(通常は600g前後から)。彼と二人係で曲げ加工を施しました。バーナーで加熱しながら、専用の工具台でフォークを曲げていきます。アニマル走には、このぐらいの強さがないと耐えきれないようです。戸田さん伝説は、左側の「冒険走:戸田真人さん」の頁をごらんください






>アマンダ短信2022 0710<

*ミニラボでは久々にSYさん登場、自作のクロモリフレーム用のフロントフォークを仕上げの段階に。安堵主任とともに、90tフォークをディスク仕様に


*アマンダ工房 再生修理中の、鈴鹿で小径車で優勝した、チャンピオンチームOさんの80tフォーク、これもディスク仕様に変更中。また、剛脚・Iさん用の強化ステムの試作品が完成、通常の約2倍、850g前後の超強化版。「軽量化の時代に?」いやいや、単純重量の問題では無いのです。ただし一方、ハンドルはご希望に応じて540cmを460cmに短縮加工。その分軽量化も(?)。






これ以前のアマンダ短信は、「アマンダ短信」履歴 コーナーへ


アマンダ&ミニラボ仲間の友好頁
上のロゴをクリックして、短信をお寄せください
体験、試走、「譲ります」もどうぞ!!


お知らせコーナー
アスリート必読
伝説の英雄メルクスとアマンダの関係!!ロマン溢れる「アワーレコード」対決などに触れた、アスリート必読の”千葉洋三さん噺(はなし)”=SRMコーナー=に、新たな、旧い?エピソードが登場。リンク「今村選手のアワーレコードに寄せて」に、追補で掲載いたしました。また、
メルクスの1時間走のパワーが455
ワットだったことも判明。
またフレームのスペック、017の栄光の軌跡メモなどを、カタログ頁「フレーム」項に掲載してあります。
”アニマル”戸田真人氏の記録頁 開設
アマンダ仲間では「アニマル」(超人)とも呼ばれている、アマンダ仲間の兄貴分・戸田真人氏の冒険走・記録表をアップしました。左サイドの「冒険走・戸田真人さん」をクリックしてください。米国、北極圏、オーストラリア、韓国などの海外遠征も含め、日時、コース、総距離、時間、スタート後24時間の走行距離などが記録されています。さらに貴重な写真集も贈ってくれました。左サイド、戸田真人さんの冒険走をご覧ください。
サイクルショー ユーチューブ参加
恒例のハンドメイドバイシクルフェア2021は、好評のうちにオンライン配信で行われましたが、アマンダにも事務局から4名の取材班が取材に来訪。インタビューをアップロードしてくれました
ユーチューブ配信の「アマンダスポーツ」リンク


「オーナーも私も、たくさん失敗してきた。でも、失敗の数を持ってることが強みですよね」
ドイツ在住の西村きよしさんから
 https://amanda-germany.de/ 
千葉師匠とのトークを満載した独自HPを
開設されたとの御連絡です。
詳細は同氏が活躍されていた事のある”SRM"の関連情報のコーナーへ
アマンダにオーダー=>カタログ
 各パーツの価格&解説とアドバイス

アマンダで創る==>ミニラボ

アマンダで強くなる=>SRM関連情報
 
      <アスリート/コーナー>
アマンダで遊び心=>
小径車

サイクルスポーツ誌 
  
バイシクルクラブ誌


******アマンダHP トップへ*****

~~HP編集・注の担当:後藤新弥~~