==ミニラボ短信==
m20240519
*電動アシストバイク用のオリジナ製作に挑戦の岸川さん、フロントフォークに取り掛かった。太いフォークブレードを狙って 31.8mm直径のチューブを選び、トラックエンドも付けた。27吋インモーターに決めたようだが、バッテリーをどのように配置するのか思案中。
*竹フレームの清水さん 人口竹チューブ構成のフレームに装着すべきクロモリフォークの作成中。塗装は自分での予定とか。フレーム体の剛性レベルは過去にアマンダが取り組んだ東ドイツチーム カーボンファイバーフレーム体を はるかにしのいだ。静荷重12.5Kgの錘をかけて比較し、ヘッドチューブ周りのたわみ具合を調べた結果だ。 
*アニマル戸田氏北方面ばかり取り組んでいたソロトライアルが 今回は四国、 九州 1200Km方面。自作ハンドルエクステンションに取り組んで。(chiba)

NEW PRODUCTS 2024
究極の技術を、トップ・アスリートへ
 
木リム 16本コンプレッション ホイール 
  税込み価格 リヤ ¥300,000
トラック・レーサー、リヤ/シングル用
400mセメントトラックで98を記録。
このホイールは、腕16本、つまりスチールのスポーク(円柱状)16本と、世界最高級の木リム製作所・ジョバンニに製特注したブナ材のリムとスチールでコンプレッション構成されています。重量は一般のホイールの約2倍、約1500gなのに、競輪界のスターの1人、小嶋敬二選手(54歳)にテストを依頼したところ、ローカルのピストでハロン(ラスト200M)9秒8という驚異のデータをたたき出しました、、。
リム13・0~11・9mm 木リム厚さ19・7mm 以下詳細はHP下段にも掲載中の
カタログ頁へ
なおロードユーザー一般向けのヨーレオ完成車も、ページ後方、お知らせコーナーで。
R6型は25万8000で提供しています



夢を創ろうミニラボ開設中
自分の夢を自分で設計、自分で製作  
アマンダでは、独自の素材、独自の手法で、小径車から五輪代表クラス用のマシンまで、各種のオーダーに応じてきましたが、勇気あるチャレンジャーのために、千葉洋三が使っている作業所を週末に開放。フレームからホイールまで、自作してみようというサイクリストのために「アマンダ ミニラボ」を開いています。素材の相談、設計のアドバイス、溶接・接着技術のイロハを必要に応じて専門スタッフがマンツーマンでお手伝いします。
自分で夢を製作」ミニラボ利用説明へのリンク
ハンドメイドショー2024やこれまでのミニラボ短信

アマンダ「ミニラボ短信」履歴コーナーへ

新設インタビュー・コラム
TAKE5(ちょっと一息)

ミニラボからの”一機当千”個性派ご紹介
*20240512
<<湘南の風を 親子タンデムで>>


アマンダ・ミニラボでも、タンデム製作は珍しいが、藤村薫さんは「娘と一緒に乗れるように」と、フレーム設計から始めて、「親子タンデム車」を手作りした。

Q なぜタンデムを? ――以前から興味がありましたが、神奈川県では禁止されていた。それが昨年解禁になったのがきっかけで、よし、造ってみよう、と。娘に「どうだ、一緒に乗らないか」と計画を打ち明けたら、うれしそうに乗りたい、とも。でも恥ずかしいからいやだ、とも(笑い)
タンデム車の歴史は古い。アマンダの千葉洋三夫妻もオリジナルで製作し、愉しんだ事があるという。「驚くほど軽快で、東海道走っていたプロの競輪選手をあっさり抜いた事もあるし、上り坂も信じられないほど軽かったよ」と、千葉さんも語る。しかし、娘さんはまだ10歳、普通のタンデム車では脚が届かない。 

Q それでご自分で設計して? ――親子で乗るのが大前提。あれこれ考えましたが、結局、自分で何とかするしかない。見本とか手本になるものもない。そこで、パソコンのCADを使って、、、。問題はデザインよりも強度でした。娘とこいでいて、万一トラブルでも起きたら。専門的な構造計算もある程度勉強して、自転車の弱点、つまり最も強度が必要な箇所を突き止め(参考図赤余る)、こうか、ああかと(笑い)


Q 製作自体は経験が ――アマンダのミニラボで、これが3台目。2020年頃から、スチールで一台造り、次に家内用の、前三角がカーボン、後ろがスチールのオリジナルを造ってみた。ところが、家内は少しも喜んでくれない、乗ってくれない。でも、自分で何か創るのが面白くて、気にはしてませんけど(笑い)。

午前5時。静まりかえった鎌倉市、一軒のガレージに灯りがともる。藤村さん(53)が作業を始める。せっかくの休日だが「娘が起きてきたら、一緒に遊びたい。だから」。その前に、バイスでスチールのパイプを加工し、自分の、いや自分たち親子の為のオリジナル車を製作したのである。溶接などは田端のミニラボで仕上げ、作業時間は合計40時間程度とか。
2024年2月のハンドメード・サイクルショーにアマンダから出品。人だかりが出来た。。前後ともホイールは20インチで、前は53歯、シングル。後ろはフラットハンドルで、12-28。

Q 実際に乗って、娘さんは? ――喜んでます(笑い)。思って以上に速いですね。2人でこいで、時速40KMぐらい。上り坂も強いし。慣れたら、後ろから「もっと速く」とか、「前が見えない」とか(笑い)。娘の脚で上限90回転程度はいけます。この前鎌倉から大磯まで行ってきました。 

親と子。公園に行けば、息子と野球やサッカーをやる内に、つい“教え魔”と化して怒鳴つたりする親もいる。「一緒に遊ぶ」のは、なかなか難しいのである。ましてや父と娘。オリジナルのマシンも魅力だが、前と後ろ、その絆を「手作り」したのが。もっと素晴らしい。別にサイクリストに育てようというのではない。ただ、一緒に風を切って走りたい、それだけだ。けだし、親に出来るのは、いい環境を与えることなのだろう。自然に、己の本能を活かして成長出来るような環境だ。 

Q ご自信のサイクル歴は? ――17歳の頃、ちょうど市民レースが盛り上がり始めて、ツール・ド・ジャパン(日刊スポーツ新聞社主催)のシリーズなどに参加しました。最初の西湖のレースで、初心者クラスでいきなり2位に入って、そのうちに実業団レースにも出るようになり、ツールド・台湾や全日本実業団など、けっこう走りました。

 

身長178CM。柔和だが、乗ったら怖いタイプの、強者(つわもの)である。実は聞き手も西湖のレースの試走役をしたことがあり、当時のださいトレパン姿で、2周32分ぐらいだった。対岸では向かい風が強く、路面も当時から荒れていた。藤村さんは26分台だったと記憶している) 

Q 親子タンデム、奥様も喜んで? ――家内はいいとも悪いとも、何も言いません(笑い)。作業でも失敗がありましたが、最近も計算外のことが、、。娘の成長が早くて、半年前に造ったのに、もうサイズが合わないんです。シートを後ろに下げても限界で。仕方なく、シートポストを加工して。

愉快そうに、アマンダの工房で、またオリジナルのポストを作り始めた。やがて、娘さんが「あたしが前に乗る!」という日が来るに違いない


**************
当コラムの履歴ページに掲載中

*20240427<自然発生型オールラウンダー
*20240310<竹の六角フレーム?!>

夢をゲット!! アマンダからフルCF完成車
<<フルカーボン完成車>> 
R11、R12型328,000円
(税込み
  
 特価:R6rimは258,000円(税込み) 
詳細は特設ページへ
アスリート必読
伝説の英雄メルクスとアマンダの関係!!ロマン溢れる「アワーレコード」対決などに触れた、アスリート必読の”千葉洋三さん噺(はなし)”=SRMコーナー=に、新たな、旧い?エピソードが登場。リンク「今村選手のアワーレコードに寄せて」に、追補で掲載いたしました。ところで伝説のメルクスの1時間走のパワーが455ワットだったことが判明。またフレームのスペック、017の栄光の軌跡メモなどを、カタログ頁「フレーム」項に掲載。
”アニマル”戸田真人氏の記録頁 開設
アマンダ仲間では「アニマル」(超人)とも呼ばれている、アマンダ仲間の兄貴分・戸田真人氏の冒険走・記録表をアップしました。左サイドの「冒険走・戸田真人さん」をクリックしてください。米国、北極圏、オーストラリア、韓国などの海外遠征も含め、日時、コース、総距離、時間、スタート後24時間の走行距離などが記録されています。左サイド、戸田真人さんの冒険走をご覧ください。
アマンダにオーダー=>カタログ
 各パーツの価格&解説とアドバイス
アマンダで創る==>ミニラボ
アマンダで強化=>SRM関連情報
 
      <アスリート/コーナー>
アマンダで遊び心=>
小径車

サイクルスポーツ誌 
  
バイシクルクラブ誌

アタック21 マウンテンヒルクライム1000MTT
<<復刻版>>
全国で選定した21(+2)の標高差1000Mの峠道を、単独無伴走で、好きなときにいつでも誰でも個人タイムトライアル!タイムとコースの新情報、コメントなどを自己申告し合う”伝説のアタック21”企画を復活させませんか?
(詳細リンク=山岳サイクリング研究会)

******アマンダHP トップへ*****

~~HP編集・注の担当:後藤新弥~~


工事中 アタック21