コラム 掲載中
「数学者の四つ股?フォーク」

アマンダ特販 SALE&PRODUCTS
<SALE>クロモリ?40tカーボン ハイブリッドフレーム 
   税込みフォークとも219000円
アマンダ工房の試作品を特別提供 現品限り
2023年ハイドメイドバイスクルにも展示品として出品、アマンダ工房で試作した逸品です。カーボン、クロモリハイブリッド接着フレーム+クロモリフォーク。40tカーボンとカイセイクロモリを使用。未使用完成品ですが、いわゆる「訳あり品」として、アマンダからの特別SALEです。


<新製品>木リム16本コンプレッション 
  税込み価格 リヤ ¥300,000
トラック・レーサー、リヤ/シングル用このホイールは、腕16本、つまりスチールのスポーク(円柱状)16本と、世界最高級の木リム製作所・ジョバンニに製特注したブナ材のリムとスチールでコンプレッション構成されています。競輪界のスターの1人、小嶋敬二選手(54歳)がハロン(ラスト200M)9秒8を記録。


<SALE> コスパのカーボン完成車 ヨーレオ製品
   R11,R12型328.000円 R6RIM258.000円
一般ロードユーザー向けのヨーレオ完成車。アマンダで剛性実験を行い、他社の「カーボン」車と比較したところ、優秀性を確認した完成車です。特価販売。コスパ抜群のフルカーボン車です。
 


夢を創ろうミニラボ開設中
自分の夢を自分で設計、自分で製作  
アマンダでは、独自の素材、独自の手法で、小径車から五輪代表クラス用のマシンまで、各種のオーダーに応じてきましたが、勇気あるチャレンジャーのために、千葉洋三が使っている作業所を週末に開放。フレームからホイールまで、自作してみようというサイクリストのために「アマンダ ミニラボ」を開いています。素材の相談、設計のアドバイス、溶接・接着技術のイロハを必要に応じて専門スタッフがマンツーマンでお手伝いします。
自分で夢を製作」ミニラボ利用説明へのリンク

==ミニラボ短信==
ハンドメイドショー2024やこれまでのミニラボ短信は
アマンダ「ミニラボ短信」履歴コーナーへ


* 20240616 
*青柳様 いよいよフレームのロー付けが始まります。真三角形の下準備はできました。次回エンドとチェーンステイを加工して ロー接作業を進めていきます。
*岸川様  フロントホークの仕上げほぼ終了フレームチューブ選択、ジグをセットする。* m20240602ミニラボ 6月89
*坂本様  ストレートタイプとベンドタイプのフォーク 最終仕上げ。次にフレームに進みます。
*青柳様  フレームのロウ接合 準備に入りました。
*吉田様  90トンホークのフォーククラウン。補強前の調整に入りました。
*岸川様  お気に入りの外形寸法31.8ミリホークブレード。仕上げ60%に到達しました。
* m20240602
*岸川さん スポーツタイプのアシストバイクを模索中。肝心な車輪ができていないがフロントフォークについては60%完了。31.8mm径 いわゆるヘッドチューブ材をホークブレイドに。この1点のためだけにベンダーを買い込まずに二人がかりでんバーナーで炙りながらホーククラウンを形成。仕上げに入った。
*竹の清水さん
  竹フレーム作業場での仕事 終了!!接着組み込み用のパーマネントフィッティング小物をセット残る作業はご自分で塗装。12.5Kgの静荷重 素晴らしい成績。30トンカーボンフレーム、クロモリフレームなど過去に調べたフレームを全て凌いでいる。
m20240519
*電動アシストバイク用のオリジナ製作に挑戦の岸川さん、フロントフォークに取り掛かった。太いフォークブレードを狙って 31.8mm直径のチューブを選び、トラックエンドも付けた。27吋インモーターに決めたようだが、バッテリーをどのように配置するのか思案中。
*竹フレームの清水さん 人口竹チューブ構成のフレームに装着すべきクロモリフォークの作成中。塗装は自分での予定とか。フレーム体の剛性レベルは過去にアマンダが取り組んだ東ドイツチーム カーボンファイバーフレーム体を はるかにしのいだ。静荷重12.5Kgの錘をかけて比較し、ヘッドチューブ周りのたわみ具合を調べた結果だ。 
*アニマル戸田氏北方面ばかり取り組んでいたソロトライアルが 今回は四国、 九州 1200Km方面。自作ハンドルエクステンションに取り組んで。(chiba)


個人売買を含む投稿欄にもどうぞ

新設インタビュー・コラム
TAKE5(ちょっと一息)

ミニラボからの”一機当千”個性派ご紹介
*20240616 
快走数学者の四つ股?フォーク


アマンダのミニラボには、時折、変な人がやってくる。坂本聡さん(55)は「フロントフォークは、真っ直ぐがいいか、曲がっているのがいいか」を体験立証したいと考え、、2種類のスチールフォークの製作に取り組んでいる。逗子在住、仕事はIT関係。二股、いや“四つ股”の試みを聞いて、仲間は一瞬、「えっ、なんで?」と不審な顔をする。 




Q まずサイクル歴を教えて下さい。いつごろから自転車に? ――渋谷区代々木上原に、坂がありますよね、あれを急ぎ足で登っていたら、息が切れた。こえはいかん! 立ち止まって横を見ると、サイクルショップがあって、「ああ、自転車なら体力強化できるかも」とひらめいて。いい感じに思えたスコットのアルミを買ったんです。それが18年前。

Q 一気にはまりましたか? ――そうですね。佐渡210KMも5,6回。ツールド東北も170、210KM。東京から三浦半島周回180KMとか。乗るだけじゃなくて、結構いじりまくりましたね。サドルを変えたり、ハンドルを交換したり。「自分流に乗りたい」という意識があって。 

このお方、実は明治大学、数学の博士課程出身。ぼさぼさの髪、印象と頭の中身はかなり違う(笑い)。しかも、オールドファンが喜びそうな話を、よくご存じである 



Q アマンダとの出会いは? ――2013年頃、オーダーで作ってもらおうと考え、アマンダの源流で、当時の日本代表らが結成していた「チーム・ミチホ」(千葉氏の奥様の名前から)らとも関係の深かったビルダー、「ボーグ」ロードレーサー、VOGUEの譜系1|vogue_rider (note.com) でクロモリを発注しました。戸塚の実家に近かったせいで(注=ボーグは東尾久から鎌倉へ移転)。そのうちに、アマンが作り始めたHPで、小林テツジンさんという方が木製のホイールで峠道を走ったら、昔より30分もタイムを短縮したという投稿記事を読み(amanda-sports.com/toko/toko.html)、刺激を受けました。
 さらに2023年のハンドメイドサイクルショーで、清清水さんの自作の自転車やホイールを見て、ミニラボで清水さんや、ユニコーンでも有名な石橋さんにさらに詳しく話を聞いたりして、、、。ちなみに清水さんのは前輪は手組のアンブロシオ・リムのホイールで、後輪が自作の木製ディスク。清水さんの自転車の隣にあった確か山口さんの自作の自転車がジョバンニ木製リムのクロモリバトンでした
 私の前輪はジョバンニの木リムではなくて(千葉さんにそそのかされて)石橋さんと同じように「自作の木リム」(サクラとヒノキの5積層の木リム)で仕上げました。


 
ミニラボとは、そういう所だ。互いの作品や挑戦が、新たな展開に結びついていく。「走る時は1人が好きですが、仲間とあれこれ自転車の話をするのがとても愉快」と言う。2023年夏、木リムの前輪とフレームを作ることに決めた。リムは定番のイタリア・ジョバンニだが、千葉さんにそそのかされて? 珍しいカーボン製のハブを創った。「ルーティンワーク」の枠に収まるのが、嫌いらしい。 

Q 素直じゃないって、子どもの頃から言われてきました(笑い)? ――よく知ってますね(笑い)。通常9本の腕で創るらしいんですが、私は8本で、その代わり一列ではなく、1CMずつ左右交互にオフセットして。 

Q なぜ曲げたFフォークを? ――往年のデ・ローザの、先端を美しく曲げた物に心轢かれていました。それをイメージしたんです。でも、今はみなフォークをストレート。「う~ん」と迷っていたら、千葉さんが「スレートの方が少しいいかも。しかし両方創ってみれば納得がいくだろう。ここではそういう事が出来るんだから」と。確かに、両方を提供するショップはないですから。 



Q 基本スペックは? ――72度、オフセット50.トレール角は2本とも58に設定しました。まずストレートを造り、次同じ物をエイエイと曲げて、曲線フォークに。ブレーキシャフトからの長さは、通常355CMを、360としました。

目下、作業中。何度も、エンド部分を熱しては、微調整している。独特のこだわり。

Q細部にまでこだわるのは? ――走る部分の美学というか。自分が自転車に乗っているという意識を忘れてしまうような、そういう付き合いをしたいからなんです。

本能のままに、人とマシンが一体化して、どこまでも地平線を目指していく。走る数学者、なかなかの哲学者でもある。


**************
コラムの掲載履歴
<ユニコーンとシングル 独自の走り>
<小なの風を 親子タンデムで>
<自然発生型オールラウンダー>
<竹の六角フレーム>

アスリート必読
伝説の英雄メルクスとアマンダの関係!!ロマン溢れる「アワーレコード」対決などに触れた、アスリート必読の”千葉洋三さん噺(はなし)”=SRMコーナー=に、新たな、旧い?エピソードが登場。リンク「今村選手のアワーレコードに寄せて」に、追補で掲載いたしました。ところで伝説のメルクスの1時間走のパワーが455ワットだったことが判明。またフレームのスペック、017の栄光の軌跡メモなどを、カタログ頁「フレーム」項に掲載。
”アニマル”戸田真人氏の記録頁 開設
アマンダ仲間では「アニマル」(超人)とも呼ばれている、アマンダ仲間の兄貴分・戸田真人氏の冒険走・記録表をアップしました。左サイドの「冒険走・戸田真人さん」をクリックしてください。米国、北極圏、オーストラリア、韓国などの海外遠征も含め、日時、コース、総距離、時間、スタート後24時間の走行距離などが記録されています。左サイド、戸田真人さんの冒険走をご覧ください。
アマンダにオーダー=>カタログ
 各パーツの価格&解説とアドバイス
アマンダで創る==>ミニラボ
アマンダで強化=>SRM関連情報
 
      <アスリート/コーナー>
アマンダで遊び心=>
小径車

サイクルスポーツ誌 
  
バイシクルクラブ誌

アタック21 マウンテンヒルクライム1000MTT
<<復刻版>>
全国で選定した21(+2)の標高差1000Mの峠道を、単独無伴走で、好きなときにいつでも誰でも個人タイムトライアル!タイムとコースの新情報、コメントなどを自己申告し合う”伝説のアタック21”企画を復活させませんか?
(詳細リンク=山岳サイクリング研究会)

******アマンダHP トップへ*****

~~HP編集・注の担当:後藤新弥~~


工事中 アタック21