>アマンダ短信2021 411<

ミニラボ情報
*パパIさん 仕上がったオンロードトラックに バイシクルのエッセンス。いよいよ二つのワッパに取り掛かりました。サクラ材とキソヒノキ材を組み合わせた前後のリムつくりです。前後ハブをジュラエーストラックにに定め コンプレッションウイールを作る予定です。初日 巧みに前後リムの曲げ加工突破。見事でした。次回以降 エポキシ樹脂でリムに作り上げる作業が待ってます。

*Mさん スチールフレームの剛性探求中 3台目に取り組み始めました。バイシクルは名前の示すとおり 前後の役割の違うワッパが支配しているのです。が スチールのフレーム体の役割を見定めたいようです。既に構成したマシーンから 手ごたえを得ているようです。

アマンダ 短信 履歴


お知らせコーナー

ミニラボ開設中
山宮正様から、UCI新規則の運用法について、詳細な説明を頂きました。すで公表されていた、二つの”危険”フォームのは、発見されたらただちにその場で選手失格となるそうです。先頭に立った時など、「つい」やりがち。十分ご留意を。詳細は「SRM」アスリート/コーナーに掲載しました。
 
サイクルショー ユーチューブ参加
恒例のハンドメイドバイシクルフェア2021は、好評のうちにオンライン配信で行われましたが、アマンダにも事務局から4名の取材班が取材に来訪。インタビューをアップロードしてくれました
ユーチューブ配信の「アマンダスポーツ」リンク


「オーナーも私も、たくさん失敗してきた。でも、失敗の数を持ってることが強みですよね」
アスリート必読
ロマン溢れる「アワーレコード」対決、「ロミンガーVSボードマン」の記録や、空気圧、ゲージ、チェーンリングに関するエピソード、さらにリッター、、メルクス、モゼールの時代、英雄メルクスの巨大心臓の話など、アスリート必読の興味深い”千葉洋三さん噺(はなし)”を、SRMコーナーに掲載いたしました。
またフレームのスペック、017の栄光の軌跡メモなどを、カタログ頁「フレーム」項に掲載しました。
ミニラボ開設中
 アマンダでは、独自の素材、独自の手法で、小径車から五輪代表クラス用のマシンまで、各種のオーダーに応じてきましたが、このほど、勇気あるチャレンジャーのために、千葉洋三が使っている作業所を週末に開放。フレームからホールまで、自作してみようというサイクリストのために「アマンダ ミニラボ」を開きました。素材の相談、設計のアドバイス、溶接・接着技術のイロハを必要に応じて専門スタッフがマンツーマンでお手伝いします。気軽にきてください。

アマンダ&ミニラボ仲間の友好頁
クリックして、短信をお寄せください・体験、試走、「譲ります」も

アマンダにオーダー=>カタログ
 各パーツの価格&解説とアドバイス

アマンダで創る==>ミニラボ

アマンダで強くなる=>SRM関連情報
 
      <アスリート/コーナー>
アマンダで遊び心=>
小径車

サイクルスポーツ誌 
  
バイシクルクラブ誌


******アマンダHP トップへ*****

〜〜HP編集・注の担当:後藤新弥〜〜