ちょっと一息”TAKE5”

ミニラボの個性派 ”一機当千”コラム 

東京は北区田端駅の近く。
 新幹線の走る土手沿いの路地に入ると、角にこじんまりした製作所がある。ガラス戸に、amandaとある。
 手作りサイクルの名匠、千葉洋三氏の工房である。大きくはない。美麗でもない。

旋盤やフライス盤など、各種の工作機械が、所狭しと並んでいる。ここで、世界で初めてのカーボンフレームや、木製のリムを使ったコンプレッション・ホイールや、独自の銅板コンポジット・ホイールがここで産まれ、欧州の有力チームにも供給されてきた。

日曜日の午後である。機械にとりついているのは、千葉さんではない。

amandaでは、2020年前からこの工房を「ミニラボ」として開放している。自分で自分の自転車を創りたい、パーツを改造してみたい、何か手作りで冒険したい、といったサイクリストに、「ご自分でやんなさい」と、明け渡しているのだ。数人が、思い思いの工作に取り組んでいる。

バーナーが青い炎を上げた。まだ慣れない手つきでフレームの溶接に挑む者、木製のリムと軽量スチールの棒を組み合わせて、オリジナルの車輪を仕上げようとしている者。amandaミニラボの、いつもの光景である。千葉さんが、にこにこしながら、それを見守る。

「左右の角度が何となく合わないなあ」と、小首をかしげながら計測を繰り返している人に、「あんまり、頭で悩まないで、どんどんやってみましょう」と、笑いながら声をかける。他の人も、つられて笑う。「デジタルより目分量だよ」と、誰かが言う。また笑い声。


<<お断り>> ここでご紹介するのは、ミニラボから産まれた、個性豊かなオリジナル・マシンと、製作者のインタビュー・コラムである。2024年3月から取材開始、幾多の当代・歴代”一騎当千”マシンの中から、「たまたま」このタイミングで出会った自作品を取り上げさせていただいたものです。ミニラボからは、他にも特筆したい優秀な個性は作品が生まれています。別項「ミニラボ短信」など、ご参照下さい。
(広報担当 後藤新弥)




*20240427
<<自然発生型オールラウンダー>> 
 
奇妙なハンドル形状である。フレームも独特。帆布のバニアが、これも自作らしい、前後にぴたり付いている。太いタイヤは26インチ。人目を引く。最近は「地道も走れる27インチロード」がちょっとしたブームだが、それとは違う。この自転車は、「アウトドア向き」に造られたのではなく、アウトドアそのものから産まれた逸品である。ミニラボで製作したのは、川口真平さん(41)、音響技師

Q ユニークですね。 ――私はアウトドアが好きで、あちこち放浪を(笑い)。特に島を回るのが気持ちいいんです。そういう自分のサイクルライフの一部分に、ストレス無く入り込んでくれる1台が欲しくなって、2022年頃、アマンダのHPを見て、千葉さんに会いに行ったんです。

以前は登山も趣味。12年ほど前からサーリーのクロスバイクに乗り始めたが、友人と(目黒から)富士山へ行ったのが、自作への一つのきっかけになったそうだ。 

 ――150KMも走ったのはその時が始めて。脚が痛くて、頭痛薬のバッファリンが痛み止めに効くかと大量摂取して(笑い)。でも、夜出発して、田貫湖でキャンプして、輪行で還ってきた体験が、大きな刺激になりました。それからサイクルでの旅が愉しくなって。

Q 普通のロードでは、ご自分のサイクルライフに合わない? ――走り始めて、もともと物を造ったり、いじったりするのが好きで、中古の自転車を10台ばかり、あれこれ組み合わせたりしたことも。ただ、山へ行ってキャンプしたり、島をゆっくり回ったりするのには、市販のロードではどうも波長が合わないんです。


Q バッグも自作で ――友人からミシンをもらったので、私の輪行スタイルに合わせたバッグを帆布で造ったんです。千葉さんが、昔、フラットバーにリュックをくくりつける独特のスタイルでツーリングを愉しんでいる写真を見て、こえがいい、と。リヤに直接付けるステーを小さく工夫して、専用のバッグを。最低限の食料と工具、輪行袋を分散して運べるよう、小さなバッグをフロントにも。これもフォークに直に付けるダボを付けました。もちろん、私は着替えなどは持って行かないので(笑い)これだけで必要十分。テントも使わない主義なので、小さく包めるハンモックがホテルです。 

自分の外側からやってくる情報に自分のスタイルを合わせるのではない。自分の内側からあふれ出るアウトドア本能を大切にする。その内側の世界から、本能のままに外側世界に生みだされたのが、この自然発生型オールラウンダー車だ 

Q ハンドルの使い方もご自分のアウトドア仕様 ――以前はドロップの下ハンを握ってましたが、地道を走ったり、「ゆったり」走ったりも出来るのをあれこれ試行錯誤して、日東製の、昔のマウンテンドロップを復刻したものを装着しました。タイヤも、1.75インチ、太くても入るように、チェーンステーを広げた設計で。ギアも前がTAの46、非常用の26。後ろはシマノのXTR(11〜36)、フレームもいろんなジオメトリーを健闘してオリジナルの図面を造って、ミニラボに出かけました。

Q なぜ島がお好きに? ――台湾とか、海外もよく走りに行っていたのですが、コロナで国内に限定され、そこから島めぐりが始まって。沖縄では馬と走りましたよ(笑い)。屋久島、三宅島、どの島も大好きです。日本の島は大体50〜80KMで一周。「風になって」飛ばしたら、あっという間に終わってしまう(笑い)。この自作車なら、いやでものんびりしたくなるし、もちろん快走もする、上りでは緊急用の26丁も使える、その場に応じて、ハンドルのどこを握っても応えてくれる。自分の感性にシンクロしてくれるんです。 

多忙な仕事の合間に、2、3日の休暇をこじ開ける。竹芝桟橋まで自走して、多くは夜行の船で、島へ行く。世が明ければ、いつもとは別の世界が開けている。日常の常識や価値観を断ち切ってします。何がしたいか、脚が自分で選択する。そのままに、走る。ハンモックで寝る。すでにご自分が島仕様なのである。

 ――造って良かったです。作業での失敗もあれこれありました。それもまた、今となっては愉しい体験です。その内、家内用のオールラウンダーを造ります。またミニラボに通います。

*20240310
<<竹の六角フレームで?!>>

 

清水翔太さんは、竹で自転車を創ろうとしている。竹を貼り合わせたフレーム材。前例のない挑戦だ。

 Q 竹でと聞くと、太い竹を3本組み合わせて前三角を造るのかと、普通は思 いますね。。
 ――それも考えました。でも、それだけじゃあ何か物足りないと思って。

Q 六角形のフレーム材ですね、これは世界初、大変な発明!
――簡単に言えば。割り竹を6本、60度角で、六角形に組んだものです。1辺が20mm。エポキシで相互の面を接着。組み上がりは直径40mmにもたらないくらいの六角棒です。

Q 大変な作業だったでしょう
――作業より、これだ、と思いつくまでが長かったです。実はamanndaに来始めた頃から、竹を使おうという漠然とした気持ちが頭の中にあって。単体の竹でも試してみましけど、ずいぶん悩みましたが、あるときふっと、ひらめいたんです。子どもの頃、父親が渓流釣りをやっていて、竹竿の自作の本が本棚にあった。竹を三角形に組んで造る、珍しいもので、工芸品のように美しかった。子ども心に、こんなのが自作できるのかと、衝撃を受けたことがあります。それをふっと思い出して。

   瞬のひらめきから、六角材は産まれた。しかし、本当は“一瞬”ではない。蓄積されたあらゆるノウハウや経験の鍋から、アイデアが、まるで偶然のような顔をして浮かび上がってくるだけだ。自転車屋だったライト兄弟も、きっとそうやって飛行機を創ったに違いない。

Q しかし、竹と言っても種類は多い。特殊な竹を使う必要がある?
――特産品を? いえ、2万円の特売品です(笑い)。長さ180cmの割り竹、ただし48本まとめないと売ってくれなかった。仕事は医療器具関係。目下は一人暮らし。実際に使ったのは、失敗も含めてその三分の一かな。今も余った竹が数十本、部屋を占領してますよ。困ってます。
Q 割り竹の加工は夜?
――はい、部屋でね。ミニテーブルソーを買い込み、やすりやかんなや切り出しナイフ、やすりで材をそろえました。ただ、両端はフレームパーツに合うように、内側をくり抜かなければならない。このくり抜きは、amandaの機械で、安堵主任に手伝ってもらわないとないと出来なかったですね」



Q 実に美事で、頑丈そうですが、ミニラボ仲間の反応は?
――強いねじれの負荷がかかったときにどうなるか、は未確定。外側にカーボンを巻けばいい、いやそれじゃあ竹が見えない、竹細工の意味がない、麻糸で縛ったらいいだろうとか。けっこうイジラレてますよ、他人ごとだと思って(笑い) 

Qミニラボはいつから?
――4年前、開設当初からかな。製作はこれが4台目です。初めは普通の700Cのオリジナルの頑丈なスチールフレームのロードで、コンポジットの後輪も造り、使っています。次に700cの折りたたみ。3台目は、最初の700CをもっとT軽量に仕上げたロード。自分にも独自の自転車が造れることが分かってくると、ただの手作りから、ちょっとずつ冒険志向の度合いが大きくなって

Qしかし、よくこんな馬鹿な(失礼)ことをやろうと決心しましたね。
――木製フレームも考えましたが、今ではそう珍しくない。はっきり言って、それじゃあつまらない、もっと明確に“自分らしい”チャレンジをしたいと。もっとも、竹なんて無理だろう、だれもがそう思ったし、私も確信はなかった。ところが千葉さんが、おお、それをやりましょう、それでなくっちゃ、と焚きつけてくれて」 

  ちなみに、カーボンをサイクルに採り入れたのは、千葉さんが世界で初めてだった。80年代、東レをはじめ、大手メーカーが話を聞きに来て、開発に協力した。今も最先端の位置に、カーボンはいる。その最強軍に、若武者が竹槍で挑む。黒澤明の白黒映画を思い出す。しかも、カーボンの生まれ故郷のamandaから、挑みかける。
 
世の中、面白い。

 Q サイクリスト歴は長いんですか?
 ――実は、ミニラボに来るまでは、乗ってなかったんです。ただ「ものつくり」が好きで、折り紙も得意だった。故郷の神戸から東京へ転勤になって、「何か面白いことやってみようかな」と、ハンドメイド・サイクルショーを覗いたのがきっかけに。

 Q 製作実作業期間は?
 ――約半年ですね。また転勤もあるので、6月までには乗れるようにと思ってます。後ろ三角もスチールで自作中ですが、毎週は来れないので、どうなるか。ねじれ強度も不確定だし。でも、不確定だからこそ、面白いんです

 Q 失敗も?
 ――トップチューブとダウンチューブを勘違いして、せっかく創ったのに短く切断してしまったり。そのときは頭が真っ白に。作り直しです。

 
  しかし、ミニラボではある意味で日常茶飯事である。あ、やっちゃった、の叫び声が響くと、みな同情し、みな大喜びする。
ミニラボ、万歳である。