今村選手のびっくりアワーレコードに寄せて
スイスチーム・メカニシャン、ブリュールマンからのデータから

  52.468Km   (60x15) 103.8rpm?
 
 ポイントレース ジュニア世界チャンプの経歴を有するJAPANのスピード系強化選手 今村駿介選手(中央大学、ブリジストンサイクル)のアワーレコード(昨年11月)は、多くのサイクル競技者を驚かせ、喜ばせたことと思う。当方もネットで知った。
https://www.bscycle.co.jp/anchor/blog/2020/11/hour-record.html

 アワーレコードについては、私も少なからぬお思いと想い出がある。
 中央大学ということで大昔のJAPAN代表 1976モントリオールオリンピック代表だった町島洋一選手へ電話を入れてみた。ただいま自転車で体調不良にしてしまったということで 残念なり。彼はパシュートで当時最もトップレベルに接近した選手。亡くなってしまった森幸春選手によれば 仲間内ではスーパーゴリラ と呼ばれていたそうである。
 ただいまリハビリ中の元チャンプは今村選手のすごいトライアル結果に感激していた。町島選手に電話で聞きたかったことは 最終局のいわゆる1000mのタイムについてだった。
 これまた昔々のことだがだがスイスナショナルチームのメカニシャンだったブリュルーマン氏にファクシミリで問い合わせたことがあった。ファクシミリでは簡単に答えられぬということで 後日どっさり資料が郵送されてきた。末尾に資料写真を掲載する。

 ブリュールマン氏はロミンガーとボードマンの記録を整理してあった。表を見れば一目瞭然、でも数字だらけなので それぞれ7ページ構成の最初と最終ページを比べてみたい。

 ロミンガー     ボードマン
 1994 11 05 ボルドー海抜100m   記録  1996 09 06 マンチェスター海抜250m
 55.291Km  レコード  56.375Km
 14:45   スタート時間  18:55
 27” FIRディスクウイール  後輪  27” Mavic ディスクウイール
 vittoria φ19 20気圧    vittoria  20気圧 
 26" FIRディスクウイール  前輪  27” 5本コンポジットウイール
 vittoria   φ19  19気圧    vittoria  20気圧
 COLNA GOスチール 8.3Kg  マシーン  LOTUS CFカンチレバー 7.3Kg
 60x14 x2.105 9.021m ギヤレイシオ  56x13x2.09 9.00m
 175mm  クランク  175mm
 102.148rpm  ケイデンス  104.366rpm
1022日の自己の世界記録を更新した。インデュラインの前の世界記録 53.040Kmを凌ぐ53.832Km  (注) ロミンガーに55.291Kmと先をこされため天才オーブリーのスパーマンフォームで   新記録樹立
 1分10596 1000m通過   1分10829
 4分25472 4000m通過   4分22876
 222(55,500Km 走破周回数   226(56.500Km
 1分03298  最終1km   1分01160 

*記録の根拠*テレヴィジョン情報から整理    トニー・ネッツリ スポーツ・インフォメーション ペーター・キーン(トレーナー) マイク・ プライス(ジャーナリスト)

 このトライ後からUCIが新たなルールを決めてしまったのだが、ロミンガーの場合 前後ウイールの径がアウト 前輪26 前面投影面積小のため有利
 ボードマン、オーブリー{93年に51.596kmを記録)のスーパーマンフォームが認められていない。断然このライディングフォームが走りを決定している。
 天才オーブリーのライディングフォーム並びにフレーム設計に触発されたモゼールの場合10年前のメキシコシティーにおける自己の世界記録をイタリー国内で凌駕してしまった。オーブリー選手の連絡先をイギリス車連へ問い合わせたところ 隣国のアイルランド人のマネジャーを知らされ、驚かされfた。もっとびっくりなのは オーブリー氏は2度の自殺未遂を図ったという。

(編集注)UCIの設定した「公式」記録では、現在の世界記録保持者は2019年4月の55.089kmで、ベルギーのビクター・カンペナールツがマーク。アワーレコードは1時間でどれだけ走れるかという正式競技。93年にグレアム・オーブリーが空気抵抗の少ない独特のフォームで51.596kmをマークして競走に火をつけたが、その後、ロミンガーVSボードマン、あるいはオーブリーらのロマン溢れる限界対決は、UCIが規約を変更したために、公式のアワーレコード記録からは外されてしまった。

スイスナショナルチームのメカニシャンだったブリュルーマン氏から送られてきた、資料の一部を公開する。
現在は公式記録を公開することが多いが、競技世界チーム内部からのデータ提供はめったにないことで、アマンダにとっても貴重な資料となっている。
なお、1990年、前橋で開催された世界選手権(トラック競技)に来日し、アマンダとも交歓。写真ジャージ姿は清野選手(日大自転車OB、全日本ロードチャンプ)で、ドイツ会話を訳して応援してくれました。


(データ掲載の後に追記あり。リッター、メルクス、モぜールたち〜〜






送られてきたロミンガーの生データの一部





送られてきたボードマンの生データの一部





リッター、メルクス、モゼール〜〜
    <英雄たちの挑戦データ>

ロミンガーとボードマンの選んだトラックはシュールマン家という親子孫三代に渡って自転車競技場の設計に携わる その三代目の作となる。今村選手も同じ設計者の手になる最近作トラックでのトライアルだった。
その立地の標高表記については怪しいので後日しらべたい。シュールマンのホームページに記載されているとよいのだが。東洋で三番目の本格ヴェロドロームである修善寺情報も記されているとさらによい。

ロミンガーのライディングフォームは北アメリカ大陸横断レースRAAM参加者の発案?によるアタッチメントハンドル。二の腕が露にさらされているものの走行の援軍になっている。
二の腕を畳み込んでしまったり、腕を伸ばし放題にしてしまったのは天才オーブリーである。
こうした 絶大なる空気抵抗対策に対して デンマークのリッターはパワー出力重視だった。
ハンドルを握るアシンメトリックのライディングフォームを推奨した。体がねじれ状態になりパワー出力が上がるからと言っている。またトライに際しては夕刻からを薦めている。人はそもそも夜行性だったからというのである。
その点ボードマンのトライはリッターからOKをもらえるかも。

リッターを凌いで現れたのは 超人メルクスである。
テンションスポークウイールで夢の50Kmを引き寄せた。
モゼールは前後にディスクウイール装備で 新たな領域に入った。
モダンアワーレコードの嚆矢 まさにバイシクルの文字道理 ”ふたつのワッパ”大化けとなる。
モゼールのスペシャルマシーンには動輪直径700mm、前輪650mmが装着された。
前輪には こなせるのならば超軽量が望ましい。
1976年モントリオールのパシュートチャンプ グレゴール・
ブラオンは熊と呼ばれていたそうだが使いこなしたタイヤの重さ 75g とあった。

 リッター  48.653Km  180cm/69Kg  1968年メキシコシティ 7.56m 54×15
 メルクス  49.431Km  184cm/75Kg  1972年メキシコシティ 7.79m 52×14
 モゼール   51.151Km  181cm/78Kg  1984年メキシコシティ 8.35m 57×15
 オーブリー  52.719Km  180cm/72Kg  1994年ボルドー (上記mはクランク1回転での)
 ロミンガー  55.291Km  177cm/65Kg  1994年ボルドー  
 ボードマン  56.375Km  177cm/69Kg  1996年マンチェスター  


伝説のメルクスの巨大心臓

上記のデータでも感銘を受ける人が多いと思うが、自転車自転車競技史上、最大の英雄の1人と評されるめくルスについて、書き足しておきたい。彼のずば抜けたパフォーマンスの一つの要因に、巨大(?)な心臓がある。

この件について、ベルギー在の元ドミフォンレースのスペシャリスト(ポーデュームを賑わせていた)山宮 正氏に問い合わせたところ、以下のような返信を受けました。この項では 山宮選手とアマンダの付き合いについて彼自身が明かしてくれました。アスリートにとっては、実に興味深い内容ですが、彼には今後も新情報を伝えてもらいます。


山宮正氏からの返信

イタリアの心臓専門医GiancarloLavezzaro氏は、2012年に発行されたEddy Merckx:The Cannibal』という本の英語訳版を読んでメルクス氏の心臓の診断を行ったそうです。この本の原版はオランダ語なのですが、フランス語、英語などにも翻訳されています。もしかするとこの本の中にメルクシ氏の心臓に関する詳細なデーターが掲載されているのかも知れません。 下記の本です。https://www.bookdepository.com/Eddy-Merckx-The-Cannibal-Daniel-Friebe/9780091943165?redirected=true&utm_medium=Google&utm_campaign=Base1&utm_source=BE&utm_content=Eddy-Merckx-The-Cannibal&selectCurrency=EUR&w=AF4UAU99TFY021A8VRPS&gclid=CjwKCAiAmrOBBhA0EiwArn3mfEZwekpcATkCl8v8ggNnpGzElrbBGwcvspBSSwIocEI3H_ffJO42YxoCrckQAvD_BwE
(私事ですが、東海大時代に湘南クラブの記録会で最初にお会いしてから既に44年に渡っての長いお付き合いになります。そして、クロモリフレーム時代からロード、トラック、シクロクロス、ドミフォンのフレーム合計7本を作って頂いております。ヘッドマークでAmandaのフレームと分かるロードレースの写真がありました。(添付写真)また、カーボン製のドミフォンレーサーは、このAmandaが世界最初でした)

1991 ベルギー


1991アマンダ製

ご質問のメルクス氏、ステインベルヘン氏の心臓に関して、これまで特別にこの話題を中心に書かれた書籍類には、お目にかかったことがありません。そういう文献、あるいは報告書の類が一般公開されているかどうか、ちょっと調べてみますが、メルクス氏の心臓に関しては、オランダの自転車レース専門サイト『Wilerflits』の20123月に非常に興味深い記事が掲載されています。

以下、内容を要約します。
『イタリアの心臓専門医GiancarloLavezzaroによると、「エディ・メルクスは選手時代にはかなり長期に渡り、心臓疾患を抱えた状態で走っていたであろう。1968年のジロでのメルクスの心臓のスキャンは危険な状態が現れていた。彼は非閉塞性肥大型心筋症に苦しんでいたかも知れない。このスキャンの結果は、現在の選手達がライセンスを取得するために受ける健康診断において不適合となるので、現在ならばライセンスは発行されない。この疾患は症状は無いが、突然死する可能性がある。つまり、常に危険を背負って走っていたことになる。」』のだそうです。

この医師の発言に関して、当事者であるメルクス氏は、ベルギーの新聞DeMorgenからインタビューを受けて、驚いた感じで以下の様に返答したそうです。「私の心臓は、とても大きくて特別であることを知っています。父親の血筋には多くの心臓の問題があります。父と複数の叔父は若くして亡くなりました。だから私は毎年検査を受けています。また、私は健康管理のために運動を行い、薬を服用しています。しかし、現役選手時代に問題が発生したことは一度もありませんでした。」だそうです。

以上の事からも分かる様に、常人の域を超える巨大な心臓(遺伝的)は、もはや病気であって、いつ突然死しても不思議では無かったということになりそうです。そして、現在ならば健康上不適合となって、自転車競技のライセンスは発行されず、つまりはレース出場は出来ないのであります。
(以上山宮氏)